不幸にならない交通事故

.......(C)happy........LAST UPDATE 2016.06.28

produce by sennmama

 

最近では自転車による交通事故も増えており、交通法規も厳しく改正されました。

自動車や二輪車の場合には弁護士に対応を依頼する人が多いですが、
自転車の場合も賠償金請求をする場合には、相談することをおすすめします。

交通事故の賠償金の算定基準は複数あり、それぞれに基準が変わると、支払金額も変わります。
自賠責基準や相手側が加入している任意保険の基準などと比較してみた場合に、はるかに手厚いのが弁護士基準です。

この基準が適用されるのは、弁護士に対応を依頼した場合に限られるため、
賠償金請求をするのであれば、対応を依頼する方が得策といえます。

もちろん対応を依頼することで、費用が発生しますが、たとえそうした費用を支払ったとしても、
より多くの賠償金を手にすることができる可能性があります。

どんな交通事故の場合でも、弁護士に対応することで賠償金の算定基準が変わります。
そのため対応を依頼するかどうか、ぜひとも検討すべきといえるでしょう。