不幸にならない交通事故

.......(C)happy........LAST UPDATE 2016.06.28

たるみシミ治療にはよくレーザー治療をする人がいます。
レーザー治療はできてしまったシミやソバカスを、短時間produce by sennmama

道路を歩く際には十分に注意する必要があります。
しかし、それでも運が悪く交通事故に遭ってしまうことがあるのです。

自転車を運転していて、歩行者にぶつかった際には、過失責任を問われることがあります。
過失があるかないかの判断は、最終的に裁判で決めることになりますが、
裁判の際には弁護士に代理人になってもらうのが一般的です。

交通事故で加害者に過失があると判断されると、業務上過失傷害として審議を進めることになります。
この際に弁護士は、なるべく過失の度合いが小さいことを示す証拠を提示するという対応を取ります。

また、場合によっては加害者側の過失がないという主張をするケースも少なくありません。
業務上過失傷害の場合には過失の度合いが小さいと、量刑も軽くなるためです。

過失がなければ、無罪ということになります。
その際に弁護士がよく用いるのが過失相殺です。
被害者側に過失があると、その分だけ加害者側の過失が相殺されるのです。