不幸にならない交通事故

.......(C)happy........LAST UPDATE 2016.06.28

produce by sennmama

 

仕事中や出社する途中に交通事故に遭遇してしまったときには、
交通事故であるだけでなく、労働災害でもあるということができます。

労働災害の制度は、申請をした場合、被害者が受け取ることができる
補償がふえることが多いというところが最大のメリットとして挙げることができます。

ところが、労災労働災害の制度は、申請する手続が
非常に手間がかかるなどといったデメリットも挙げられます。

そのため、弁護士は社労士と提携をして被害者が被った被害に対して
妥当な損害賠償金を獲得できるようにする必要があります。

また、弁護士は申請する手続きに手間がかかるという負担をなるべく減らしていくために、
被害者が交通事故についての労災を申請する手続きについて助言をしたり、
状況によって被害者の代わりに申請する手続きを進める場合もあります。

このように、交通事故の妥当な損害賠償金を獲得するために
弁護士は社労士と連携して被害者の負担が減るように働いてくれます。